神前結婚式

 ご婚約を心よりお慶び申し上げます。大神様の御神徳によってお二人が新しい人生の門出のため大神の御前で明るく健やかな御神縁を固く結び合いになりますことは最も意義深いことでありますどうかお二人がますますお元気でお幸せになりますようお祈りいたします。

挙式お申込みについて

・お日柄がお決まりになりましたら、まずご希望の日時で挙式が可能かどうか、お問合せください。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0995-57-0001

挙式当日のご案内

当日は、神楽殿受付にて新郎様にお申し込みの内容についてご確認いただきます。指輪を準備されている場合は、ご一緒にお預け下さい。
※この時に挙式初穂料をお預かりいたします。

挙式初穂料 50,000円

挙式初穂料(豊栄舞奉仕) 100,000円

式次第

式場での式進行については神職がすべてご案内いたしますのでご安心ください。式場でのご着席順位は、父、母、家族、親族となりますので、あらかじめご整列の上、静かにご入場ください。
※係の者が誘導いたします

  • 先、

    修 祓

    式に先立ちお祓いをいたします

  • 次、

    斎主一拝

    式の初めの一礼

  • 次、

    祝詞奏上

    お二人の幸せとご両家のご繁栄をお祈りいたします

  • 次、

    ※豊栄舞奉奏

    ※豊栄舞付の挙式をお申込みの場合

  • 次、

    三三九度の盃

    三三九度お神酒をいただき夫婦の契り、永遠の結びを行います

  • 次、

    誓詞奏読

    結婚の誓いの言葉

  • 次、

    指輪交換

    ※指輪を準備されている場合

  • 次、

    玉串拝礼

    新郎・新婦、仲人(又は親族代表)が行います

  • 次、

    斎主一拝

    式の結びの一礼

  • 次、

    親族固めの盃儀

    両家の縁を結び固める盃をいただきます

  • 次、

    参列者一同退下

    ご両家のご繁栄をお祈りしお神酒をいただきます

玉串礼拝

当日は、神楽殿受付にて新郎様にお申し込みの内容についてご確認いただきます。指輪を準備されている場合は、ご一緒にお預け下さい。
※この時に挙式初穂料をお預かりいたします。

  • まず一礼して玉串を案(机)の上にお供えし(※下図参照)二拝二拍手一拝して自席にお着きいただきます。
  • ご参列の代表の方に玉串礼拝していただきますので、この際には皆様は代表の方に合わせ拝礼していただきます。

① 右手で玉串の根元を左手で葉先を持つように受け取ります。

② 右手を手前に引きつつ左手を押し、右手に左手を添えます。

③ 玉串にご結婚に際しての祈念を込め、右手が葉先、左手が根元になるように持ち替えます。

④ 時計回りに根元を御神前に向け、前の案(台)に収めます。