御由緒

 霧島神宮は天照大神より「とよあしはら千五百秋ちいほあき瑞穂みずほくに子孫うみのこきみたるくになりよろしく爾皇孫就いましすめみまゆきてしらさきくませ宝祚あまつひつぎさええまさむことまさ天壤あめつち窮無きわまりなかるべし」との御神勅いて、三種神器稲穂捧持して高千穂峰天降りまして天壤無窮皇基てられた日本肇国の祖神瓊瓊杵尊ににぎのみこと主祭神として奉斎しています。 また、相殿別項六柱皇霊配祀しております。

御祭神

御主神あめにぎくににぎあまたかひこほのぎのみこと
相殿神このはなさくひめのみこと(お后)
ひこでのみのみこと(御子神)
とよたまひめのみこと(御子神のお后)
鶿がや不合あえずのみこと(御孫神)
たまよりひめのみこと(御孫神のお后)
かむ日本やまと磐余いわれひこのみこと(御曽孫神)

霊峰高千穂峰

 日本で最も古い書物である古事記および日本書紀に瓊瓊杵尊が「 筑紫日向つくしのひむかの高千穂の久士流多気くしふるたけ天降あも ります」「日向のの高千穂の峯に天降ります」と記されている霊峰が霧島神宮の背後に天聳立つ高千穂峰です。頂上には”あま逆鉾さかほこ ”があり、山容の崇高秀麗なことは筆紙に尽くすことはできません。 高千穂峰一円は古えの日向の国の内であり古事記・日本書紀に記載されている日向国はその後「和銅年間」四郡を裂いて大隅国が置かれました。

社殿の創建

 霧島神宮は遠い神代の古えより縁りある霊峰高千穂峰に鎮座すると伝えられており、延喜式にも日向国諸県郡霧島神社と記されています。旧記によると、本宮はもと高千穂峰と御鉢「噴火口」との中間、脊門丘に奉斎されていましたが、御山の噴火のために悉く 炎上し、村上天皇の天暦年間(950年)天台宗の僧である性空上人が高千穂河原に再興奉還しました。また、文暦元年(1234年) の大噴火により、社殿、僧坊寺が災禍に遭い、田口の待世の行宮に250年間奉斎されました。その後、真言宗の僧 兼慶上人が藩主 島津忠昌公の命をうけて土御門天皇の文明16年(1484年)に社殿等を再興しておられます。そののち、別当寺 華林寺からの失火により全焼の厄に遭われたのを、第21代藩主島津吉貴公の寄進により正徳5年(1715年)に重建されたのが現在の御社殿です。約300年前の建物で、絢爛たる朱塗りの本殿、拝殿、登廊下、勅使殿、門守神社等その配置は妙を得て輪奐の美をなしています。前述のごとく当神宮は歴代の島津藩の崇敬篤く、縷々祈願奉養がなされ、神領宝物の寄進御造営など敬神の誠が捧げられました。平成元年には国の重要文化財の指定をうけています。