節分祭
(せつぶんさい)
大寒の末日で俗に寒明けともいい、旧冬を送り去り、新しい春を迎えるため「豆まき」をして追儀の神事を行う祭儀です。