猿田彦命巡行祭東巡
(さるたひこのみことじゅんこうさい)
天孫降臨の際に、猿田彦命が道案内された故事により、年4回神宮境内を御巡行され、本宮祭儀の厳修を祈るものです。